カードローン会社と利用者を守る法律

カードローンには種類があります。もっともコマーシャルなどで見かけるのが、消費者金融系とジャンル分けされるもの、また最近、増えてきたと言われているのが、銀行が行う銀行系カードローンです。クレジットカードを作ったときに使うことのできるキャッシング枠は信販系などと呼ばれています。


銀行と消費者金融は法律が違う

銀行系カードローンと消費者金融では、決められている法律が別となっています。銀行系では銀行法、消費者金融、信販系は貸金業法を守らなくてはいけないのです。私たち利用者に大きく関係するものが、貸金業法の総量規制と収入証明書の提出義務という点になります。このふたつは貸金業法で定められているものなので、銀行系カードローンでは、法律で総量規制として融資をする金額の上限を設けられているわ
けではないと言えるそうです。


審査の基準は銀行、消費者金融ともに各自の基準で

貸金業法では消費者金融や信販系に対して規制を法律で設けている、と聞くと銀行系カードローンは無制限に貸してくれるように思えますが、それは違います。審査の基準などは各金融会社で独自に定められています。そのため、法律の上限に達していなくても、融資を断られてしまうケースも考えられます。また収入証明書の提出も、その都度、審査で必要と判断された場合は提出する義務が生じます。なお、三井住友銀行カードローンでは、300万円以下の融資について収入証明書の提出義務はなしとしています。


Comments are closed.