カードローンの借り換えとは

カードローン商品を調べていると、しばしば「借り換え」専用の商品を目にする事があると思います。この借り換えとは即ち、現在の借入を他者のカードローンを使って返済および完済する事です。二社以上の借入先を一つにまとめる際に主に利用される為、借り換えローンはしばしば「おまとめローン」と呼ばれる事もあります。


借り換えの目的

借り換えローンの主な目的は基本的に少しでも利息を減らす事です。例えば貸金業法制度改正前に作った固定金利のカードローンや、未だにグレーゾーン金利が採用されている会社の商品は金利がかなり高く、今ならもっと低金利で借りられる商品がいくらでも見つかります。このような場合には、より金利の少ない会社でお金を借りて、法外な金利の会社を完済してしまう借り換えが有効です。


カードローンを一本化

また借り換えの真骨頂は多重債務の一本化にあると言えます。目的は通常の借り換え同様に金利を少しでも安くする事にありますが、一本化を進める事で返済日や返済方法が一つにまとまって管理が楽になる、借入先数が減り新たな借入がしやすくなるなどのメリットも生じます。ただ、借り換えにしろ一本化にしろ気を付けなくてはいけないのは、借り換えには繰り越し手数料をはじめとした手数料が諸々かかる為、僅かな金利差だと逆に損をしてしまう場合がある点です。


Comments are closed.