カードローンって何?

住宅ローンや自動車ローンなどを利用する場合、一般的に担保が必要とか保証人を付けるケースが多いのが特徴ですがカードローンにいたっては無担保のローンであることが大きな特徴ですので学生や主婦でも利用できるようになってきました。


カードローンとは

無担保のローンとはいえ誰でも利用することができるかといえばそうではありませんが審査基準に個人の信用に重点を置いていますので定職に就いていること、安定した収入がある等一定の条件が満たされると誰でも申し込みができる利便性と審査にかかる時間も短くなってきており10万円程度の限度額から融資が可能であることから最近では利用する人が増えてきました。


カードローンはとても便利

もうひとつの特徴として使い道を限定されないことです。例えば住宅ローンであれば住宅を購入するために利用する、自動車ローンであれば自動車のためのみに適用されるなど使途が限定されてしまいますがカードローンであれば仮に10万円の融資を受けるとその限度額の枠内であればキャッシュカードのような使い方でいつでも審査なしで引き出すことができるのでショッピングや教育費など利用する目的は自由で構わないのです。

【おすすめリンク】


カードローンの借り換えとは

カードローン商品を調べていると、しばしば「借り換え」専用の商品を目にする事があると思います。この借り換えとは即ち、現在の借入を他者のカードローンを使って返済および完済する事です。二社以上の借入先を一つにまとめる際に主に利用される為、借り換えローンはしばしば「おまとめローン」と呼ばれる事もあります。


借り換えの目的

借り換えローンの主な目的は基本的に少しでも利息を減らす事です。例えば貸金業法制度改正前に作った固定金利のカードローンや、未だにグレーゾーン金利が採用されている会社の商品は金利がかなり高く、今ならもっと低金利で借りられる商品がいくらでも見つかります。このような場合には、より金利の少ない会社でお金を借りて、法外な金利の会社を完済してしまう借り換えが有効です。


カードローンを一本化

また借り換えの真骨頂は多重債務の一本化にあると言えます。目的は通常の借り換え同様に金利を少しでも安くする事にありますが、一本化を進める事で返済日や返済方法が一つにまとまって管理が楽になる、借入先数が減り新たな借入がしやすくなるなどのメリットも生じます。ただ、借り換えにしろ一本化にしろ気を付けなくてはいけないのは、借り換えには繰り越し手数料をはじめとした手数料が諸々かかる為、僅かな金利差だと逆に損をしてしまう場合がある点です。


クルマが買いたい!オートローンとカードローンの併用

クルマが買いたい、そんなときに一括で現金払いなんてできればカッコイイですよね。そんな身分に憧れます。ただ、一般の人はローンを組んで購入することが多いのではないでしょうか。それがオートローンですね。クルマを買う場合に契約するローンです。カードローンと併用できるのか、もしくは、オートローンの審査に通らないことがあるのか、これは心配になる点です。


<どちらを優先すればいいのか>

それはオートローンです。理由はカンタンです。金額が数百万円単位になりますので、こちらを優先したほうがいいでしょう。自動車屋さんが仲介するので審査も通りやすくなっています。当然ですが、自動車屋はクルマを売りたいのですから、その点は個人で融資を受けるよりも楽です。書類さえ書けば、あとはお任せになりますので、これほどカンタンなことはありません。


<カードローンとの併用>

これも工夫次第で可能です。オートローンを先に組んでから、カードローンの借り入れをすれば、たいていの場合は大丈夫でしょう。もちろん、借り入れ限度額などの条件面で不利になるかもしれません。それでも、やりかた次第で、できないことはありません。ただし、2つの借り入れをするということは忘れないでください。ムリは禁物です。返済が滞らないような計画性は大切です。


カードローンの目的別ローンで利息もお得に

カードローン商品は、契約する内容ごとにローンの中身が違うことがあります。よく利用される即日キャッシングでは、フリーローンというプランが適用されていますが、このキャッシングプランでは、借りたお金を原則として自由に使えることが特徴です。


カードローンの目的を決めているなら目的別ローン

カードローンのフリーキャッシングの場合、生活費や交際費、その他自分の好きなこと、望むことに原則として好きに使っていいお金を貸してくれます。回収がしにくい、返済率の低いと言われる事業性資金への利用はできませんが、使い勝手のいいローンという特徴があります。しかし目的別ローンでは、この利用目的に制限をかけた商品を契約して利息を抑えることとなります。


自分の目的とあっていれば問題はない

自分が使いたい目的が明確でないまま、とりあえずカードローンを借りるという人も少ないと思います。そのため、自分の利用する目的と目的別ローンの目的が合致しているのであれば、多くの場合は問題なく、カードローンを利用できますし、返済にかかる負担も少なくできるそうです。会社によって扱うプランは違いますが、マイカーローンなど一時的な現金出費が懸念されるローンとして扱われることが多いそうです。


カードローン会社の無利息期間

巷にあふれるカードローンの金融会社。一度は目にした方もいらっしゃるでしょう。金融と聞くと、あまり良いイメージがわかないかもしれませんが、それは昔の話。今では、貸金業法も改正されて、きわめて利便性の高いサービスが提供されているのです。その中の一つが、無利息融資です。


<一定期間内であれば、利息なしの融資>

原則、カードローンは最初の契約時に金利が決定されます。これは、本人の信用能力によるところが大きいです。しかし、最近の金融会社は、一定の期間内に返済すれば利息をつけないというサービスを売りにしているところも多いのです。その期間は会社によってまちまちですが、おおよそ一ヶ月あたりが相場となっています。これだけあれば給料が入ることも想定できるので、かなり良心的といえるでしょう。


<無利息期間付きの延滞料金>

しかし、いいことばかりだけでもありません。もし、その無利息期間内にカードローンの返済ができなかったとしたらどうなるのでしょう。それは、単に通常の金利が加算されるということではないんです。たいていの場合は、一般的な金利よりも高い利息がつきますし、それに加えて遅延損害金も支払わなければならなくなります。期間内であれば利息ゼロですが、それを超えてしまうと余計に支払いが多くなってしまいます。そのデメリットを考慮したうえで、利用するべきでしょう。


カードローンの審査は何を確認する?

既に利用したことのある人もいるとは思いますが、カードローンの審査って何を確認するのでしょう?
それは、個人情報と信用情報についてチェックするんですよ。
住所とか名前、連絡先や年収、勤続年数などについて確認されるので、事前に自分は大丈夫なのか確認を。
現在は、信用情報機関という場所があるのでそちらに問い合わせをすると、自分の情報を知ることが出来ます。


カードローンを使いすぎない

カードローンはいざという時には本当に頼もしい存在ではありますが、使いすぎないようにする必要があります。
あまりにも使いすぎてしまうと、今度はそれが当たり前になってしまったり依存してしまったりするので、気を付けて。
本当に必要になった時だけや自分が無理なく返済できる金額を借りるようにする必要があります。
先に何に使うのか、どのくらい必要なのか目的をちゃんと決めてからカードローンを利用するのがベスト。


返済する時の注意

カードローンでお金を借りたら、ちゃんと返済をしなければいけません。
自分が無理なく返済できる金額を決めて、毎月支払っていくことになるので、しっかり支払うように。
一番いいのは少額借りて余裕をもって、毎月の返済をしていくことだと思いますよ。